toggle
北軽井沢を拠点に、長野・群馬で薪ストーブの販売施工をしています。設置後の煙突掃除・メンテナンスもお任せください!
2019-01-07

実燃機・ノルン入荷

新年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

本日より仕事始め。
休業中にいただいていたお問合せに、順次お答えしております。

昨年末、滑り込みでショールームに新しい実燃機がやってきました。
『 HETA ノルン+オーブン付き ソープストーン 』

ストーブを焚いている時は、常時オーブンが使える機種です。

「あれ、普通そうじゃないの?」と思った方、あなたはきっと薪ストーブに興味があって、少し知っている人か、火加減を制した料理上手な人でしょう。
薪ストーブの炉内は、9割以上の機種がオーブンとして使えます。
(炉内の大きさにより調理道具に制限が出る)
ところが、火の具合や熾き(炎がおさまって赤く光っている状態を指す)の出来によって、できる料理が異なります。
火がゴオゴオと燃え盛っている時に、ピザを焼こうとすれば丸焦げになりますから、燠きができるのを待たねばなりません。いわゆるオーブン料理と呼ばれるもののほとんどは、燠きになってから調理します。(火加減上手な料理上手は、焚付け~ゴオゴオを利用して煮炊きし、燠きになったらじっくり焼きなどします)

して、新しくやってきた「ノルン」。
これは炉とオーブンが分かれているので、燠きになるのを待つ必要がないのです。しかも、焚き始めから20分程度で部屋を暖めはじめ、40分程度でオーブン温度は200度になります。

鋼板ストーブの弱点ともいえる「蓄熱性」は、ソープストーンによって補われており、やわらかな暖かさが持続します。
※高気密・高断熱住宅で、蓄熱する必要がない場合は、ソープストーンが付かないバージョンもあります。
縦長のフォルムで、テーブルから見た時に美しい炎が視界に入ります。
操作が簡単なところもポイント。現代のライフスタイルに即した1台です。

ショールームでは、もう1台(アンコール)と入れ替わりで焚いています。
ノルンに火が入っているところが見たい!という方は、ご来店前にご連絡いただければ予めノルンに火を入れておきますので、遠慮なくお申しつけください。
※展示ストーブは他にもございます

オマケ。
スタッフで出かけた初詣。神社でおみくじを引きますと、なんと6名中3名が「大吉」。
大吉しか入ってないんじゃないのか…などとざわつきましたが、残り3名が小吉などを引いていましたので、いろんなものが入っているのは間違いなさそう。スロースタートだったので、残り物に福があったのかもしれません。

(昨年大吉を引いたTさんが特別ラッキーだったとも思えないので、まぁそんなもんなんだろうと思います)

【あさまストーブ ショップ&ショールーム】
open  9:00-17:00
close  sun, holiday
tel  0267-31-6613
軽井沢・六本辻から雲場池方面に歩いて70歩。赤いストーブが目印。

関連記事