toggle
薪ストーブ専門店「あさまストーブ」は、軽井沢を拠点とし、長野・群馬・山梨で販売施工しています。
2017-07-10

薪ストーブを使わない時期のしつらえ

軽井沢で、薪ストーブを使わない時期というのはあまりありませんが、それでも8月~9月あたりは火を入れることがほとんどありません。
薪ストーブといえば、部屋の中でもそれなりの面積を占めます。
使っているときは有難くて考えもしませんが、使わない時期(夏)になると、邪魔に思えたり…

いやいや、それではあんまりだ…と、夏場のしつらえを考えてみました。


(奥から)モミジの鉢植え、ヤマアジサイとアナベルの切り花、スミレとギボシと庭に生えていた不明な植物の寄せ植え
(写真中央)バーモントキャスティングス『アンコール』、トップは苔鉢
(写真右端)黒ビオラとその他諸々の寄せ植え

寄せに寄せまくって、『風の谷のナウシカ』の秘密の地下室のような雰囲気に…。

薪ストーブの素材は鋳物か鋼板が多いです。
鋼板はともかく、鋳物製などは水滴などを放置するとサビの原因になります。
トップに鉢などを飾るときは、水滴に気をつけて置くとよいです。

似たようなものですが、少し雰囲気を変えました。
(奥から)モンステラの鉢植え、スミレとギボシと庭に生えていた不明な植物の寄せ植え
(中央)バーモントキャスティングス「アンコール」
(右端)黒ビオラとその他諸々の寄せ植え

ショールームに転がっていた器と、庭に生えていた苔を使って、Kさんが作ってくれた苔鉢。

この他、炉内でキャンドルを灯す、炉内にドライフラワーを飾る…など、妄想を膨らませております。
夏場の薪ストーブの使い方(飾り方)について、アイデアがある方はぜひ当店スタッフに教えてください。

薪焚人修行中 Y

【あさまストーブショップ&ショールーム】
open 9:00-16:00
close sun, holiday
tel     0267-31-6613
軽井沢・六本辻から雲場池方面に歩いて70歩。赤いストーブが目印。

関連記事