toggle
薪ストーブ専門店「あさまストーブ」は、軽井沢を拠点とし、長野・群馬・山梨で販売施工しています。
2017-01-10

薪ストーブ教室【鋳物肌限定!簡単キレイ術】

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
ご挨拶が遅くなりましたが、1/6(金)より本年の営業をスタートしました。

さて、新年最初の記事は、クラシックブラック(ホウロウではない、鋳物肌の黒)の、簡単キレイ術。
年末年始にストーブ料理を楽しまれた方も多いと思います。
昨年紹介した「ローストポーク」や「ぶりのはちみつ味噌焼き」もストーブトップを利用しますが、いずれも油やら調味料やらがハネました。
汚くなるからストーブ料理はしないとおっしゃる方もいますが、それは何とも勿体ない話。

今日は、汚れたストーブトップを簡単に掃除していきます。

2017011001

いろんなものが飛び散ったストーブトップ。
まずはお手元に「いらないタオル」と「油」をご用意ください。
いらないタオルが手近になければ、キッチンペーパーでも大丈夫。
油は、オリーブオイルでもサラダ油でもよいです。安物でOK。

2017011002

タオルに油をしみ込ませ、ストーブトップに塗っていきます。

2017011003

じゃんじゃん塗ります。
汚れに構わず、全面に塗っていきます。
あまり厚塗りにするとベタベタして埃が付きやすくなるので、薄塗りがきれいです。

2017011004

ポイントは、料理終えた後に、さっと油を塗ってしまうこと。
ストーブが冷えてしまうと、油がうすくのびず、汚れも落ちにくい。

2017011005

油を薄く塗って吹き上げただけのストーブトップ。
ちょっと手をかけてやることで、サビもつきにくくなります。

汚れを恐れず、ぜひ毎日使ってあげてください。

薪焚き人修行中 Y

【あさまストーブショールーム&ショップ】
open 9:00-17:00
定休  日曜・祝日
電話  0267-31-6613
軽井沢六本辻から雲場池方面に歩いて70歩。赤いストーブが目印。

関連記事