toggle
薪ストーブ専門店「あさまストーブ」は、軽井沢を拠点とし、長野・群馬・山梨で販売施工しています。
2016-12-08

薪ストーブランチ【クリスマスのごちそう】

ひと月ほど前のこと。
ご近所のAさんと、クリスマスの飾りつけ計画を練っていた折、クリスマスのごちそうの話が飛び出しました。
料理上手なAさんは話し上手でもあり、
「ローストポークなんて見栄えもいいし簡単よ?前の晩にハーブや塩コショウで味をつけておいてね、翌日薪ストーブで焼くのよ。焼き過ぎないように見てる傍ら、バターとリンゴに少しだけお砂糖を入れてキャラメリゼ、アップルソースにするの。あとは、マッシュドポテトを作っておいて、その上にローストポークを…」
私のような食いしん坊はイチコロでした。
飾りつけも済んで少し落ち着いた頃に、薪ストーブでつくる超カンタンごちそうレシピを教わる約束をしたのですが…

いやこれが。
本当にカンタンで、美味しかった。

料理上手が口にする「カンタン」は大抵カンタンではなく、ひと手間と呼ぶには面倒臭すぎる作業が入ることが多い。
早く食べたいのに(或いは早く飲みたいのに)料理が仕上がらないというオチが多い。
(しかも焦って端折って失敗するという残念なオチも…)

でも、それがないんです、このローストポークは。
薪ストーブビギナーの、クリスマスメニューに一押しです。
あまりにカンタンなので、さらにカンタンなデザートも付けてレシピをお届けします。

<つくるもの>
・ローストポーク~マッシュドポテトとアップルソース添え~
・ブレッドプディング

2016120807
薪ストーブで料理するには、何はなくとも「燠」が必要。
燠とは、広葉樹の薪が炎を上げ終え、赤く光っている状態を指します。
炉内にたっぷり作っておきましょう。

今回使用したのは、バーモントキャスティングスのアンコールと、スキャンの64-2。
アンコールは、ストーブトップ、炉内、灰受けを使って、同時に料理することができるので、料理を楽しみたい方にはもってこいの機種。
ローストポークとマッシュドポテト、アップルソースを作りました。

64-2は、スタイリッシュな縦型ですが炉内が広く、オーブンとして使えます。
ブレッドプディングを作りました。

2016120804

2016120805

2016120802

2016120803

●使用した薪ストーブアクセサリー
・クッキングスタンド大
・クッキングスタンド小
・スキレット大
・スキレット小
・スタック鍋

●材料
<ローストポーク2人前>
・豚ヒレブロック…半本
※豚肩ロースだとジューシーな感じ、ヒレだとサッパリな感じに。
・塩…適量
・黒コショウ…適量
・タイム…適量
・ローズマリー…適量
・にんにく…1~2欠片をすりおろし
・オリーブオイル…適量
・ピンクペッパー…トップの飾り用
・グリーンミックス…飾り用

<アップルソース>
・りんご…1個
・バター…10g
・ブラウンシュガー…小さじ1
※なければ、ほかの砂糖で代用

<マッシュドポテト>
・小ジャガイモ…5~6個
・生クリーム…50~80cc
※お好みで加減して下さい。牛乳で作るとさっぱりした感じに。
・塩…適量
・胡椒…適量

<ブレッドプディング>
・卵…2個
・牛乳…200cc
・砂糖…大さじ6
・ラム酒…大さじ1
・バターㇽ…1本(又は食パン、ブリオッシュなどでも可)
・生クリーム…ホイップ用

【下準備】
前の晩に、ブロック肉に調味料を揉み込んでおきます。
よーく擦り込んでラップで包み、一晩冷蔵庫で寝かせます。

【当日の料理】
<ローストポーク>
1.焼く1時間程前になったら、肉を常温に戻します。
2.ストーブトップでジャガイモを皮ごと茹でます。
茹で始めたら、薪を足して火を強くし、燠を準備します。
3.肉焼き用のスキレット大、アップルソース用のスキレット小は、両方ともストーブトップで予熱しておきましょう。
4.ジャガイモに火が通ったら、熱いうちに皮を剥いてつぶし、生クリーム、塩、胡椒を加えて混ぜます。
5.燠が準備できたら、炉内にクッキングスタンドを入れ、肉を置いたスキレット大を載せます。20分ほど焼きます。
6.肉を焼いている間に、リンゴをいちょう切りにして、バターと砂糖とともに、熱しておいたスキレット小で炒めます。茶色く色づいたら出来上がり。
7.肉の様子により、転がしたり、焼く位置を変えたり調整して、焼き色を付ける。
8.皿に、グリーンリーフを盛り付け、マッシュドポテトを平たく盛る。
9.焼きあがった肉を斜めにスライスし、マッシュドポテトの上にのせ、その上に炒めたリンゴをのせ、仕上げにピンクペッパーの載せる。
10.肉を焼いたスキレットが焦げていなければ、湯を足してソースにし、かけるとより美味しい。

<ブレッドプディング>
1.パンを一口大に切る。
2.卵、牛乳、砂糖、ラム酒をよく混ぜてスタック鍋に入れ、パンを漬け込む。
3.炉内の燠を端に寄せ、中央を空けたら、クッキングスタンド小を置く。
4.クッキングスタンドの上にスタック鍋を置き、15~20分ほど焼く。
5.膨らんで卵液が固まったらOK。
6.炉内から取り出しておく。
※アツアツも美味しいし、冷やしても美味しい。
7.ホイップをのせて、召し上がれ。

※クッキングスタンドは非常に熱くなっているため、取り出す際は要注意。
次に薪を足すまで、炉内で放置しておいても大丈夫。

簡単レシピのうち、唯一の失敗は、灰受け皿に入れたジャガイモを忘れていたこと…
余ったジャガイモをコロダッチに入れ、灰受け皿で焼いていたのに、肉の虜になってしまいました。
次回は忘れずに美味しくいただこう。精進、精進。

薪焚き人修行中 Y

【あさまストーブショールーム&ショップ】
open 9:00-17:00
定休  日曜・祝日
電話  0267-31-6613
軽井沢六本辻から雲場池方面に歩いて70歩。赤いストーブと赤い看板が目印。
軽井沢駅より徒歩10分ほど。
駐車場3台分あり。

関連記事