toggle
薪ストーブ専門店「あさまストーブ」は、軽井沢を拠点とし、長野・群馬・山梨で販売施工しています。
2016-07-22

【焚き心地】 F100 ヨツール

「焚き心地」は、薪焚き人修行中Yの悩みから生まれました。
カタログのデータを並べてみても、実際の生活シーンを思い描けん…という悩みです。

勉強がてらいくつものメーカーのカタログを読んだというのに、使用者がイメージできない。
最大出力や廃棄煙量は大事なデータに違いないのですが、どうやっても頭の中で像を結ばない。
2016071509

(どうしたらこれで薪ストーブを決められるのか分からない)
ショールームで使っている2機のストーブは、特徴が分かっているから、身近な生活道具として説明できる。
けれど、触ったことのないストーブは、メーカーのカタログ頼みで白々しい。

実体験に基づかない、フワフワした説明が釈然とせず、モヤモヤすること1年余り。

『1機でも多くのストーブを使って見ることで、お客さんのシンデレラ・ストーブを探せるかもしれない』と思い至り、「焚き心地」計画がスタートしました。
世に数多あるすべてのストーブを試せるわけではありませんが、試せた折には、ポツポツとアップしていく予定でおります。

さあ、長い前置きもこれで終わり。
【焚き心地】レポートをお届けします。

【焚き心地】 ヨツール F100
2016071500

出展:トコナメエプコス

第1回は、ヨツール F100!

W520×H570×D445(mm)とコンパクトな薪ストーブです。
小さい見かけとは裏腹に、燃焼室は意外と大きく、40センチの長さの薪も入ります。

2016071503

焚き心地のために使わせてもらったのは、スウィートグラスハンモックキャビン
2016071510
6畳強(約11㎡)の室内にあって、圧迫感はありません。

間取りはこんな感じ。
2~3人で楽しむのにもってこいの広さ。
将来、山小屋を持てる身分になった暁には、こんな小屋が欲しい。

着火する

2016071501

外との気温差があまりなく(外気温20度くらい)、上昇気流の生まれにくい状況でも、チャッチャと火が育ちます。
煙突曲がりがないとはいえ、手が掛からなくてよろしい。

2016071502

日没前の光が緑に反射する。

焚きはじめから20分ほどで、中くらいの薪(直径7センチくらい)を投入。もうしばらくして、太薪も投入。
あとは燠ができるまで放置。

室内の温度は上がるけど、代わりに湿度が下がるから、あまり苦にならない。
6畳強の居室(吹抜けではない)は、30~40分程度で適温になる。

薪ストーブで料理する

燠を待つ間、薪ストーブごはんの準備を。
前述のとおり、F100は大きさの割に炉が広い。
凹凸のある天板は料理に適さないけれど、広い炉内はオーブンのような使い方ができる。

鋳物の調理道具などを使用する場合は、予めストーブトップに並べて予熱しておくとスムーズ(かつ美味しい)。
雑に扱ってもいい食材なら、燠を待たずに料理可能。
例えば、ホットサンド。
例えば、ソーセージとエリンギの炒め物。

2016071504
料理可能な薪ストーブであれば、どのストーブにも対応する小さめの調理道具を使用。

焚き始めから1時間ほど経ち、燠ができました。
コロダッチカプセルに食材を入れまして、炉内へ。

2016071505

イカとセロリのごろ焼きの出来上がり。

コロダッチに残るソースは捨てず、そこにご飯とシュレッドチーズを盛り込み、再度炉内へ。
5分ほど焼くと、〆のイカわたグラタンに変身します。
※参考にさせていただいた「レシピdeコロダッチ」では、他にも試したくなるレシピがたくさん。

暖かさの持続

焚付で育てた火に、中・太薪を入れて、燠になるのに40分ほど。
(今回は料理のために短めの太薪を使用して「時短」)
炉が広いので、太めの薪も入れやすい。

燠になってから1時間くらい、薪を足さなくても温度が持続しました。
但し、小さめストーブの宿命として蓄熱性は高くないため、この段階で薪を足さないと室温は下がっていきそうでした。

< 総括 >

・着火が容易。
・本体が小ぶりなため暖まるのが早い。
・開口部が大きく、炉内料理がしやすい。
・10畳~20畳(約18~36㎡)くらいの空間を暖めるのにちょうどよい大きさ。
・天板には放熱性を高める凹凸がある。
(放熱には優れるが、一度サビれば、そのサビを落とすのはなかなか大変)

★小さな山小屋の暖房として、週末の余暇として「薪ストーブ」を楽しむ人に向く。

※ご注意※
「焚き心地」レポートは、それぞれの薪ストーブを実際に使い、その使用感を書いています。
使う人により、或いは、条件(薪の状態、外気温や風の強さ、煙突プラン)によって、感想は異なります。

(薪焚き人修行中Y)

【あさまストーブショールーム】
open 9:00-17:00
定休 日曜・祝日
電話 0267-31-6613
軽井沢・六本辻から歩いて70歩。赤いストーブが目印。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です