toggle
薪ストーブ専門店「あさまストーブ」は、軽井沢を拠点とし、長野・群馬・山梨で販売施工しています。
2016-04-08

薪ストーブ教室【あさまストーブの煙突掃除】

2016040801

煙突掃除は、どれくらいの頻度で行えばいいか。

これ!という正解はありませんが、あさまストーブでは、稼働200日に1度程度のメンテナンスを推奨しています。
年末年始しか使わない別荘の薪ストーブと、10月から3月までは毎日(朝から晩まで)焚く…というストーブとでは、一律に●年に1度とはいえないため、「稼働200日」というのがポント。

使用頻度は人によってさまざま。
さらに、薪の乾燥状態や燃し方によっても、煙突掃除の頻度は変わります。
よく乾燥している薪と、乾燥の甘い薪では、同じ頻度で焚いたとしても、煙突の汚れ方は全然違ってしまうのです。
(稼働200日の1度というのも、乾燥している薪を使っての目安です)

その目安に加えて、フロントガラスにべったりとタール汚れが付くとか、燃えにくくなった、煙が逆流するといったことが煙突掃除のサインになります。

して、
煙突掃除って、どんなことしてるのか。

プランによって作業内容は変わりますが、煙突部分のブラシ掛け、ストーブ本体の掃除、ガラス磨き、ガスケットロープ交換、補修塗装などを行います。(詳しくは、メンテナンス料金表をごらんください)

2016040803_ec

筒部分のブラシ掃除に加え、ストーブ本体に異常がないか点検します。

2016040806

そして、ガラスを磨きます。

 

エコノミー掃除プランは、ここまでです。
スタンダードプランには、本体のサビ落としとワックスがけが加わります。
お好みでお選びいただけるようになりました。(2016/4/9受注分より適用)
※2016/9/28受注分より、エコノミープランは自社施工のお客様のみ適用とさせていただいております。

また、あさまストーブでは、掃除プラン問わず、無料点検を行っています。
損傷個所や異常を発見した場合でも、勝手に追加修理を行う事はありません。
(損傷度合いと修理した場合の費用をご説明し、追加修理をするかどうかお客様に判断していただきます)

ちなみに、ご自身で煙突掃除することも可能です。
煙突掃除に必要な道具も販売しておりますので、お気軽にお問合せください。

薪焚き人見習いY

【あさまストーブショールーム】
open 9:00-17:00
定休 日曜・祝日
電話 0267-31-6613
軽井沢・六本辻を雲場池方面に歩いて70歩。赤いストーブが目印。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です