toggle
薪ストーブ専門店「あさまストーブ」は、軽井沢を拠点とし、長野・群馬・山梨で販売施工しています。
2015-06-25

薪ストーブ教室【乾燥バラの花びら】

スティーマーで堪能したバラの香り。
何日経ってもうっとりと思い出せるほど印象的でした。

これはもしやドライにすれば、お茶とかお風呂に入れて楽しめるのではないか。
我ながら素晴らしい思い付き。鋏を持って、いそいそと庭へおりました。

2015062504

朝摘みで、朝露つき。

2015062503

バラの名前はK先生にお伺いしないと分かりませんが、ピンクは原種に近いもの。

2015062502

真紅は大きめの花で、花弁がベルベットのよう。香りも強い。
他にも、白いバラや、薄桃色のバラも並べて乾かしていきます。
庭で摘むときも、部屋で花弁むしるときも香りが立ち上り、いよいよ高まる期待。

2015062501

夕方、店を閉めるときに様子を見に行くと、2.5センチ大だった花弁が、1センチくらいに縮んでいました。

…。

いや、問題は大きさではない。
楽しみたいのは香りであり、大きさではない。

いやまて。
そういえば、朝は部屋中に香りが充満していたけど、いまは何も匂わない。
昼休みに近くを通ったときにはすでに、匂いに気付かなかったような…?

恐る恐る、小さくなってしまった花弁を摘まんで嗅いでみましたが、見事に香りは飛んでしまっていました。
あんなにむしったのに!

ネットで調べてみると、乾き物の花びらにエッセンシャルオイルなどをふりかけて、ポプリとして使用する方法があるようです。
使い道がないわけではないけれど、あの香りを留めることはできませんでした。く…

悔しいので、紅茶にでも浮かべて飲んでみようと思います。

薪焚き人見習いY

<訂正>
バラの季節になって昨年の記事を読み返してみると、後日談がありませんでした!(大変失礼しました)
消沈したものの捨てるには忍びない「干からびた花びら」を、保存容器に入れておいたのでした。
何日かして、紅茶の彩にでもしようと出してみると、ふわりと立ち上るバラの香り。
摘んですぐの強さに比べれば薄れましたが、ドライ花びら、香りが残っていました!
ブログをアップした時は、一日中嗅いでいて、鼻が麻痺していたのではないかと思います。

薪焚き人見習いY

【あさまストーブショールーム】
open 9:00-17:00
定休 日曜・祝日
電話 0267-31-6613
軽井沢・六本辻から歩いて70歩。赤いストーブが目印。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です