toggle
薪ストーブ専門店「あさまストーブ」は、軽井沢を拠点とし、長野・群馬・山梨で販売施工しています。
2014-10-24

薪ストーブランチ【珈琲焙煎】

日々の苦行ネタを押しのけて、本日ご紹介しますのは「珈琲の焙煎」!
先日、Nさんが買ってきてくれた珈琲の生豆。
あさまストーブショールームにあったポップコーンメーカーで煎ります。
いざ。

まずは炉内調整。
本当は熾きで焼きたかったけれど、火でも焼けるからいいや。…とアバウトなスタート。

2014102410

こちらが珈琲の生豆。
御代田にある「サンガ・コーヒー」の『ミナス』です。

2014102409

 

ご覧のように、生豆を入れます。
量は適当です。

2014102408

炉内に入れてしばらく煎る。

2014102407

あたりに珈琲の香りが漂い始め、「パチパチ」といい始めたら、少し火から遠ざけます。

2014102406

ちなみに、そのとき豆はこんな感じ。

2014102405

好みによりますが、もう少し煎った方が美味しそうです。
再び火にかけて、再度「パチパチ」聞こえてきたら、下ろし時。

2014102404

冷まします。

2014102403
煎ると豆が膨らむと聞いて、生豆と比べてみました。
たしかに大きくなった。

2014102402

ショールーム中に広がる香りに期待しつつ、いただきました!
酸味少なめ、苦みやわらか、香りがいいです。
店舗で焙煎したものと比べてどちらが美味しいかは分かりませんが、非常に自己満足度の高い時間でした。
何といっても、煎っているときに部屋に広がる香りがもう…。

浅煎り、中煎り、深煎りと試してみたいです。

2014102401

こちらはオマケ。
2日ほど前に干し始めたミカン(皮つきバージョン)。
乾燥が進んで、半透明になってきました。

皮つきのものを食べてみたら口に残ってよろしくなかったので、これはリースの材料によさそうです。

(薪焚き人見習いY)

【あさまストーブショールーム】
open 9:00-17:00
日曜・祝日定休
電話 0267-31-6613
軽井沢・六本辻を雲場池方面に70歩。赤いストーブが目印。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です